作業員

ご家庭の浴場に24時間風呂を導入しましょう

  1. ホーム
  2. 種類別の特徴と費用

種類別の特徴と費用

お風呂

風呂ふたは、浴室に欠かせないものです。風呂ふたを使用することで浴槽の保温効果が高まるだけでなく、蒸気の拡散を防ぐことができるためカビの繁殖が抑えられるのです。それでは、風呂ふたにはどのような種類があるのでしょうか。素材別にその特徴を説明していきます。風呂ふたで最も多い素材はポリプロピレン樹脂です。軽くて加工しやすいという特徴があり、丸めて収納できるようにシャッター状にデザインされています。浴槽の大きさに合わせてシャッターの部品の数を増やすことで、あらゆる浴槽のサイズに合わせることが可能です。サイズにもよりますが、購入の際には五千円から二万円程かかります。抗菌作用が高いのは、アルミ樹脂で作られた風呂ふたです。小さな板状に加工されているため、浴槽の大きさに応じて複数枚使用します。表面が滑らかで汚れやカビがつきにくいため、清潔感を大事にしたい人に最適です。最小のサイズで一枚あたり八千円程ですが、サイズが大きくなるにつれて少しずつ高くなります。二枚組よりも三枚組の方が割安です。保温効果をより高めるために開発されたのが発泡ポリスチレン樹脂を使用した風呂ふたです。素材の断熱効果により、時間が経過してもお湯の温度が下がることはありません。機能性を重視したい場合に適しています。価格については最小のサイズで一枚あたり一万五千円程です。サイズが大きくなるにつれて価格は高くなります。二枚組と三枚組があるため、浴槽のサイズに応じて選ぶことが大事です。