作業員

ご家庭の浴場に24時間風呂を導入しましょう

  1. ホーム
  2. お風呂の必需品

お風呂の必需品

婦人

素材や種類

お風呂に入るときになくてはならないものと言えば、風呂ふたでしょう。風呂ふたは素材や種類によって特徴や価格が変わってきます。風呂ふたの素材は、大きく分けて2種類あります。ポリプロピレン樹脂とアルミ樹脂複合版です。主流なのはポリプロピレン樹脂製の風呂ふたで、軽いことが特徴です。アルミ樹脂複合版で作られた風呂ふたは、丈夫で長持ちすることが特徴です。風呂ふたの種類は3つあります。組みあわせタイプとシャッタータイプ、折りたたみタイプです。組みあわせタイプは、2枚や3枚のふたを組み合わせてお風呂にふたをするタイプです。アルミ樹脂複合版で作られていることが多く、戸建て住宅や分譲マンションなどで最初に備え付けられていることがあります。保温性が高いことが最大の特徴で、風呂ふたの役目を一番果たしてくれるタイプと言えます。また表面がフラットなので掃除がしやすいです。例えカビが生えたとしても、カビ取り剤で簡単にカビを除去することができます。シャッタータイプは軽いことが特徴です。高齢者や子供でも簡単に扱うことができます。折りたたみタイプのふたの特徴は、価格が安いことです。一番安いものだと2000円ほどで購入することができます。またコンパクトに折りたたむことができるので、お風呂に入る際も邪魔になりません。シャッタータイプと折りたたみタイプの風呂ふたは、ポリプロピレン樹脂で作られていることが多いです。素材の特徴や価格などを考慮して風呂ふたを購入すると良いでしょう。